FC事業

24時間365日“介護の職人”がいます

日本介護福祉グループでは、ご利用者本位で介護の現場視点から組み立てたサービスモデルを有したデイサービス「茶話本舗」を、平成19年より本格的にフランチャイズ(FC)本部を立ち上げ、現在、全国各地に事業を展開しております。なぜフランチャイズ方式を用いているかと言えば、それは我が国の高齢化の進展速度と同等以上のスピードで社会インフラを整備し、日本の高齢化に伴い発生する問題を出来るだけ多く解決していかなくてはならないと強く認識しているからに他なりません。

高齢化は日本のアキレス腱とも言われています。一般的にはアキレス腱と言うと弱点と捉えられがちですが、アキレス腱がなくては歩く事すらままならないのです。したがって弊社では、日本のアキレス腱を丈夫なものに鍛え上げ、速く長く走れる長距離ランナーのような国に日本を変革する為に、微力ながら寄与出来ればと思っております。

2013年3月東京ビックサイトFCショー風景

介護業界も医療業界と同様、制度の中で成り立っている制度ビジネスとなっています。 その制度の中で事業主にとって重要な項目となるのが介護報酬となりますが、前期した通り茶話本舗は、創業当時から介護報酬額が下がったとしても事業経営が成り立つスキームを組んでいます。また茶話本舗は事業所を新たに建設する箱モノ型の介護サービスではなく、一軒家の賃貸としているため、短いスパンでの初期投資回収が可能となっています。

現在の高齢者の人口比は25%、2040年にはそれが40%くらいになると試算されています。つまり将来的に2、3人に一人は高齢者となる計算です。現在は、施設数も少なく利用者の需要が勝っている状態となっていますが、今後高齢者の増加とともに供給が増えていくことが予想されています。その際に必要なのが、利用者にとって有益なサービスと、健全な事業経営となります。茶話本舗では、1号店から変わらぬ理念を貫き、高齢者の介護サービスを第一に考えながら連続性と継続性の高い事業モデルを提供することで、全国第一位の事業所数を開設しています。この数は茶話本舗の「夜間対応型小規模デイサービス」を利用したいという高齢者のニーズと共に、事業モデルとしての収益性の高さがFC事業所オーナーに支持されていることを物語るものです。

茶話本舗が拡大している理由

茶話本舗は、小規模デイサービス(通所介護)のパイオニアとして多くのご利用者様・ご家族様・ケアマネジャー様等にご支持を頂き、現在では700ヶ所以上の事業所を展開するに至りました。その多くは、茶話本舗事業の本部を運営する株式会社日本介護福祉グループの理念にご賛同いただいた方々による、フランチャイズ事業所となります。

理由① 利用者ニーズに応えるビジネスモデル

茶話本舗は、小規模デイサービス(通所介護)のパイオニアとして、5年間で全国580事業所を展開している「夜間対応型小規模デイサービス(通所介護)」事業になります。大きな施設を使用した施設介護ではなく、民家を借り上げ事業所とし、近隣に住む高齢者は在宅しながら利用することが可能です。 良質で安価なサービスを利用者様にご提供することでニーズに応え、デイサービス(通所介護)事業では圧倒的なシェアNo.1ブランド。
「将来性」「収益性」「低リスク」の三拍子が揃った小規模デイサービス(通所介護)として茶話本舗が、求められ続けている背景には明確な”理由”があります。

理由② 他ビジネスにはない「低投資低リスク」の開業

茶話本舗のビジネスモデルの場合、初期投資を抑えることが可能です。現在お使いになられていない空き家を活用したり、賃料が安価な住宅街にある物件を賃借することでデイサービス(通所介護)を開業できるため、初期費用を大幅に抑えた事業展開が可能です。また、デイサービス(通所介護)の開業が低リスクな理由は、2050年まで続くシニア市場規模を考えれば自明の理。高齢化が進んでいるのは、一部の地域だけではなく、日本全体に及んでいます。中には過疎化が進み、高齢化率60%を超える地域も存在します。開業を検討されている方にとっても、低投資低リスクな茶話本舗の事業モデルは魅力的な要素です。

理由③ 未経験でも安心して独立開業!充実のサポートや研修制度

オーナーは特別な資格を保有していなくてもデイサービス(通所介護)事業に取り組むことが可能です。また、未経験者でも安心して独立開業できるように、開業前研修や法令手続き、不動産物件のご紹介もおこなっております。業界未経験の方の独立開業や異業種からの参入も多く、介護事業をこれから始める場合でも、キメ細かい本部からのバックアップがあるので、早期に2事業所目を展開されるケースが多数あります。

開業までの流れ

STEP 1 資料請求
まずは資料請求をお願いします。
STEP 2 事業説明
茶話本舗の事業について、担当者から説明させていただきます。
気になる収益、本部からの具体的なサポート体制についてのお話もありますので、積極的に説明会にご参加ください!
セミナースケジュール
STEP 3 事業所見学
実際の事業所を見学していただきます。
事業所を見学していただくことで、現場の空気を感じていただけたらと思います。
STEP 4 事業提案
個別にカウンセリングを行います。そして、資金面や運用に関わることなどを聞かせていただいた上で、事業の提案をさせていただきます。
STEP 5 意思決定
カウンセリングを終えて、これから加盟するかどうかの意志を決定していただきます。
双方の合意の上、加盟契約の手続きに進んでいきたいと思います。
STEP 6 加盟契約
加盟店契約を締結します。そして、以下のことをサポートします。
すべて、オープンのために必要になるものです。
▼このフローで行うこと
定款目的、オーナー研修、エリア選定、物件探索
STEP 7 不動産物件
運営のために必要な不動産物件を探します。
この物件選びは大切。本部がきちんとサポートするので、ご安心ください。
▼このフローで行うこと
物件内見、物件申込、行政相談、契約、リフォーム、備品納入
STEP 8 人員採用
人員を採用するために様々な手配を行います。
▼このフローで行うこと
給与調査、待遇決定、職安求人、求人誌手配、面接、雇用契約
STEP 9 介護保険指定申請
介護保険の指定申請を行います。
この申請は介護事業者として、利用者にサービスを提供する上で必要なものになります。
▼このフローで行うこと
申請書作成、事前相談、本申請受理、営業活動、内覧会、利用契約締結
STEP 10 オープン
いよいよオープンです。
デイサービスを必要としている人のため、一緒に頑張って行きましょう。

開業資金の目安

加盟金
300万円(税込)
保証金
ロイヤリティ総売上の5%
造作費
改修・リフォーム工事費 100万円(目安)(※10名定員モデル)
費用の内容
商品名 単価 数量 金額 備考
フランチャイズ加盟金 3,240,000 1 3,240,000 税込
不動産契約金 200,000 6 1,200,000 6か月分
改修・リフォーム工事 1,000,000 1 1,000,000 税込
保険料(施設賠償保険) 30,000 1 30,000 税込
電話回線・ネット回線 20,000 1 20,000 税込
消防設備(自動火災報知機等) 700,000 1 700,000 税込
消防設備(スプリンクラー設備等) 5,000,000 1 5,000,000
送迎車両(リース、2台) 25,000 2 50,000 税込
求人広告費 250,000 3 750,000 税込
事業所内備品(家電・家具等) 700,000 1 700,000 税込
名刺・のれん等商標物 140,000 1 140,000 税込
衛生用品・開設準備品 170,000 1 170,000 税込
事務用品 70,000 1 70,000 税込
11 40,000 1 40,000 税込
合計 13,110,000
研修日数
7日
研修内容
茶話本舗の理念、介護事業の座学、現場研修等
開業までの日数
約4~5か月

デイサービス(通所介護)の開業を検討されている方は年々増加しております。FC(フランチャイズ)展開を行なっている企業も増えておりますが、重要な点は、「利用者本位のビジネスモデルか?」「拡大を続けている理由が明確か?」「サポートや研修精度は充実しているか?」の見極めにあります。
ニーズがあるから成功するのではなく、成功しているデイサービス(通所介護)にはその理由があります。全国700事業所を超えた茶話本舗の開業地域をご確認頂き、説明会に足をお運びください。